忍冬酒(にんどうしゅ)徳川家康公の長寿の秘訣 薬草酒:東屋酒店
 
徳川家康が愛した
  長寿の秘訣薬草酒
元祖:永禄元年

500ml  1本 税込 1,620円

300ml  1本 税込 1,080円

MENU

お問い合わせ:          
053-522-0118   有限会社 東屋酒店 代表者:鶴見告敏
0120-05-0118 〒431-1305 静岡県浜松市北区細江町気賀203
忍冬酒は戦国時代に神谷権兵衛が忍冬(にんどう:スイカズラ)を酒に漬け込み作り上げたとされる薬酒です。
徳川家康は多趣味で薬作りにも凝っていたそうですが、今なら健康オタクと呼ばれたかも知れませんね。
その家康は、神谷権兵衛が献上した忍冬酒を愛飲したとされ、やがて、知る人ぞ知る逸品として徐々に世間に広まり浜松名物となったようです。
しかし、先の大戦で途絶えていた忍冬酒ですが、平成の世に遠州忍冬酒として新生復活をしたのが現在の忍冬酒です。

生薬にも使われるスイカズラを漬け込んだ忍冬酒は、抗菌作用や解熱作用があるとされ薬酒としても期待されます。
除菌・抗菌の商標が目立つ巷ですが、もっと自然な生薬由来の効き目に期待しつつ甘味のあるお酒で気分を和らげてみては如何でしょう。
食卓にならべても邪魔にならないサイズと色合いです、ワインやカンパリ、カシスのように気軽にお楽しみいただけます。

忍冬酒